壁にカビなどができると見栄えが良くない以外にも、塗膜が傷んでいると思われます。カビやコケは太陽光が当たらない場所に生じやすく、かびを防止する効果が弱い塗料を使っているときは早い段階で発生します。家を建てる時には、必要経費をけずるために塗料の質を落とすというような場合も多々あり、そういった時には壁の劣化も早くなります。さらにいたむと、破損なども生じ、都立大学でも修理にかかる費用が高くなりますので、早期に外壁の塗装をすることが大事です。

外壁の塗装を行う時に注意しておきたいのが色のチョイスです。先に塗装のサンプルを元に選ぶ形になりますが、塗られてみると想像とは別物に出来上がってしまったというようなことが都立大学でも珍しくありません。どうしても小型の色サンプルの色のフンイキと壁一面に塗られた色では雰囲気はちがってきてしまうことも多々あります。周辺の家屋の色との釣り合いを心に留めることも重要です。通常、鮮烈な色彩にすると時が経っていくうちに色の減衰が目立ってきますので、穏やかな色を選ぶと失敗がありません。