建物は完成した時から古くなり始めていますので、定期的にお手入れをすることが長生郡一宮町でも必要です。特に家の壁は常に紫外線の影響を受けながら、時間をかけて劣化します。その状態のまま放っておくと外壁部分にクラックが入る等、補修作業を要することになります。壁部分の老朽化をとめるためには一定期間での塗り替え作業が欠かせません。外壁の塗装というのは見かけを綺麗に保持することにかぎらず、外壁部分を整備してヒビ割れなどを防止するというようなねらいもあり、その結果として修復の費用等を節約できます。汚れていないから必要ないということでなく、家を維持するのに不可欠なメンテナンスであると言えます。

家の外壁の形態ではモルタルの壁、サイディングというのが長生郡一宮町でも一般的で、それ以外にはトタンなどとなっています。モルタルの壁というのはセメントや砂と水などを混ぜて作ったモルタルを左官屋さんが塗って、さらに塗装して作り上げるといった工法で、サイディングが普及する前は大半をしめていました。今の大部分はサイディング材の壁ですが、事前に加工場等で作り出されたサイディングボードと言われる外壁材を貼っていく形で施工するものです。両方とも一定期間での外壁の塗装が必要である点では変わりはありません。