外壁の分類は、モルタルやサイディングボードというのが伏見でもたくさん使われ、それら以外にはトタンや板等となります。モルタルはセメントや砂石などを練り合わせて作ったモルタル材を職人さんが壁に塗り、そこに塗装材を塗って作るといった工法で、サイディングボードが登場する以前は日本の家の大半をしめていました。このごろのほとんどはサイディング材を用いた外壁となり、先に工場などにて作られたサイディングボードという壁材を貼りこんでいく形で施工します。どちらも周期的な塗り替えは重要であることでは同じになります。

塗り替えをお願いするタイミングというのは、建築してから、または前の外壁の塗り替えからの期間でいうと、一般的に伏見でも約10年前後です。立地環境などによって差はありますが、平均してその位になります。中には、新築の時に質の低い塗料を利用していたり、元々塗装材 そのものを使用してなかったりする事もあって、そのような場合はたちまち壁が傷んでしまうといったことも少なくありません。外壁の塗装というのはひび割れなどから守るというような役割をもちますので、一定期間でやってください。