建造物というものは出来上がった段階から劣化し始めていますので、つねに維持管理をしていく事が関市でも大切です。とりわけ外壁は絶えず太陽光にさらされていて、徐々に劣化します。放っておくと外壁部分にクラックができる等、補修をしなければならなくなります。外壁部分が劣化するのを止めるためには一定期間での外壁塗装は不可欠です。壁の塗装というものは外見をキレイにしておくことに限らず、壁を補強してひび割れなどを防ぐというようなねらいも持ち、その結果、修繕費などを支払う必要がなくなります。汚れていないからしなくて良いというようなことでなく、家を保持するために大切なメンテナンスとなります。

外壁の塗装のちらしを見てみると10年長期保障しますというように書かれているところも関市ではよくあります。10年であれば充分だといった人も多いと思いますが、注意したいのが保証の内容です。ほとんどの場合は保証が認められるのは外壁の所のみで、外壁から塗装が落ちてしまったときのみ保障が効きます。しかしながら、壁から塗装材がはがれてしまうといった事態はめったなことではありませんし、外壁よりもはがれ落ちやすい鉄やトタンなどというような所は十年保障の対象にはされず、長くても三年程度という保証の中身である場合が多いようです。