家屋というのは出来上がったときから老朽化し始めているので、つねに維持管理をすることが根室市でもポイントです。特に家の壁は常に風雨をうけながら、ゆるやかに痛んでいきます。そのまま放置しておくと壁部分にクラックができてしまう等、修復作業をしなくてはいけなくなってしまいます。家の壁部分がこわれるのを止めるには外壁の塗装は必要です。塗り替えというものは表向きをきれいに保持するだけでなく、外壁部分を強化してひび割れなどから守るという効果ももち、修理費用等がかからなくなります。まだキレイなので必要ないという事ではなく、家を維持するのに欠かせない手入れです。

建物の壁の分類としてはモルタル外壁とサイディングボードが根室市でも一般的で、それ以外にはトタンや板などがあります。モルタルは、セメントや砂石などを混ぜて作ったモルタルを職人さんが壁に塗りつけて、さらに塗料を塗って作るもので、サイディング材が現れるまでは日本家屋の大半をしめていました。最近のほとんどはサイディングボードを使った壁になり、先に作業場などでつくられたサイディング材と言われる壁材を貼りこんでいく形で施工していきます。二タイプとも何年かごとの壁の塗装が重要であるということでは同様です。