壁の形はモルタルの壁やサイディング材というのが山鹿市でも多数で、その他にはトタン等です。モルタルはセメントや砂と水等を練り合わせて作ったモルタル材を左官屋が塗りつけて、その上に塗装材を塗って完成させるという方法でサイディングボードがあらわれる以前は多くをしめていました。今の大半はサイディングを利用した外壁ですが、あらかじめ工場などにて生産されたサイディング材と言われる外壁材をくっつけていくように完成させていきます。どちらも何年かごとの外壁塗装作業が必要であるという点では変わりません。

家の外壁部分が古ぼけてきたら、壁の塗装の時機が来ていると思っていいです。見栄えが変化しているのは、塗膜の外層が太陽光等により顔料が離脱してしまっているという事です。一部分だけ塗料が剥がれてしまっている時も同様になります。より傷つくと、壁を触れた時に塗装が手についてくるようになります。これを塗料の白亜化といい、山鹿市でもこのような感じになったら壁の塗り替えの時機と判断していいです。