外壁塗装の広告ビラを見ると10年保障しますと記述している所も大門ではよくあります。十年間であれば満足だといった人も少なくないですが、気をつけたいのはその内容です。ほとんどのケースでは保証が認められるのは外壁の部分のみで、外壁から塗装が剥がれ落ちてしまった時のみ保障の対象となります。とはいえ、外壁から塗装材がはがれてしまうというような事はほとんどありませんし、外壁に比べたら剥がれてしまいやすい木部や鉄やトタン等といったところは十年保障されず、せめても2,3年前後というような保障の中身である場合が大部分のようです。

壁と同じように屋根のメンテナンスについても大切になります。屋根というのは壁とくらべても太陽光をうけますので痛みやすいところですが、日ごろは目にしない部分ですし、傷みを危惧している人も大門ではわずかです。傷つくと建物の内側に水が入ってきてかびなどの原因になることもありますため、何年かおきの整備が大事になります。期間としては壁と同様におよそ7年くらいから十年くらいを目安に塗装をするのが通例ですが、瓦の屋根は塗り替えを施す必要はありません。