建物の外壁部分に生じる症状としては、ひびとかかび汚れなどがよく見られます。ひび割れはというと乾きや構造のひずみなどにより生じますが、ほとんどのケースでは修復は可能です。かび汚れについてはジトジトしたところにつきやすく、塗装の防カビの効果が弱かったりしたときに発生します。緊急性をもってどうにかする事態ではありませんが外観も悪いですし、そのままで何もしないでおくと傷ついてしまいますので外壁の塗り替えを行うのも選択肢になります。塗装の塗膜が剥がれるという事は与謝郡伊根町でも少ないのですが、たいがいのケースは施工の過ちです。

壁と同様に屋根のケアについても必要です。屋根というのは壁以上に日光にさらされますのできずつきやすくなるところですが、そうそう目にしない場所ですし、傷みを危惧している方も与謝郡伊根町ではわずかです。老朽化すると建物の内側に水分が入って腐食等の要因になる事もありますため、周期的な整備が重要になります。年数はというと外壁と同じく7年程度より十年くらいにて塗り替えをするのが一般的ですが、瓦ぶきの場合は塗り替えをやる必要はないです。