塗り替えの見積もりをたのむ際は業者ごとにしてもらう形ではなく、携帯電話、ネットからできる多くの業者にて一度に施工見積もりを受け取れるサービスをつかうのが下高井戸でも一般的になりつつあります。会社ごとにやってもらうと、相手側は専門家ですし、他の業者にも見積りをしてもらいたくても押し切られる事もあり、その他の会社と照らし合わせないと見積もりが妥当な額なのかも判断できません。戸別営業をしてくる業種だけあり、相手の業者も話をまとめようと一生懸命ですし、主導権をとる事はハードルが高いです。複数会社から一度に施工の見積りを送ってもらえるサイトならば、業者も、違う業者との競い合いとなる事をわかって参加していますから、手間な交渉をする必要もなく、いきなり安い値段の見積もりを提示してきます。

建物の外壁部分にはサイディング材と呼ばれるボード状の外壁材も下高井戸では多く用いられます。サイディング材ならばメンテナンスをする必要がないというような印象をもつ方も多数いるようですが、モルタルの壁と同じく外壁の塗装は不可欠です。およそ十年程度で塗り替えを行えば、三十年位は使えますが、塗装をしないままでいると早めにひびなどの問題で使用不可能になってしまうこともあります。サイディング材であっても表層は塗料で保護されていることは同じです。