家の壁の型はモルタル外壁とサイディングが大牟田市でもたくさん使われ、その他にはトタンや板などがあります。モルタルの壁はセメントと砂石等を練り合わせて作ったモルタル材を職人が塗り、その上に塗料を塗って仕上げるというようなもので、サイディングボードがでてくる前は日本家屋の大半をしめていました。このごろの多数派はサイディングを利用した外壁ですが、予め工場等で生産されたサイディングボードと呼ばれる壁材を貼り付けるように施工していきます。どちらの壁も何年かごとの外壁の塗装は欠かせない点では同じになります。

壁部分が古ぼけてきたら、外壁塗装の時機になったと判断できます。見た目がおとろえてきているのは塗膜の外層が風雨等の影響で樹脂層を壊されてきているということです。塗膜が剥落しているときも同様になります。さらに傷ついていくと、壁部分をさわった際に塗装がつくようになります。このことを白亜化と言い、大牟田市でもこのような様子になったら塗り替えの時機とされます。