見積もりのときに確認する観点としてケレン作業が考えられます。元々の塗装材を除去して壁のコンディションを調整する作業で、これらの工程を飛ばすと、新たな塗装材がしっかり機能を果たせなかったり、早々に落ちてしまったりすることもよくあります。大阪市鶴見区でも、下地処理のケレン作業というのは時間がかかってくるので、これらの工程をやらないで済ます会社もあるので気をつけましょう。作業日程がとても早かったり、料金がすごく格安だったりする際には、下地調整を行うケレン作業を行うかを確認しましょう。記載していないときは訊ねるようにして下さい。

外壁部分にはサイディング材という板上の壁も大阪市鶴見区では頻繁に使われています。サイディングボードであれば手入れの心配がいらないというイメージをもっている人も多いようですが、モルタルと同様に塗り替えは不可欠です。およそ10年位で塗り替えを施せば、約30年くらいは使用できますが、塗装をしないままでいると早い年数でヒビ割れ等のようなトラブルにより使用不可能になってしまいます。サイディングであっても外側は塗装の塗膜により保護している事に違いはありません。