建物の外壁の塗装をお願いするタイミングは、家ができてから、または過去の壁の塗装からの期間でいうと、一般的には名古屋市北区でもだいたい10年前後です。つかっている塗料等によって違いますが、基準としてそれくらいです。中には、建設のときに質の低い塗料を使っていたり、ハナから塗料自体を利用してないケースもあって、そのようなときは早々に外壁部分が老朽化するというようなことも少なくありません。外壁塗装というものはひび等を防ぐというような意味をもちますので、必ずやるようにしてください。

壁と同じように屋根のメンテナンスも大事です。屋根というのは外壁以上に日光をうけますので老朽化も早い場所なのですが、めったに目にしないところですし、劣化を危惧している人も名古屋市北区では多くないです。老朽化が進むと、家の内部に雨が染みこんでかび等の原因になる場合もありますので、一定期間でのメンテナンスが大切です。年数としては壁と同じくおよそ七、八年位から10年程度で屋根の塗装を施すというのが普通のやり方ですが、瓦の場合は塗り替えをやる必要はありません。