壁と同様に屋根のケアについても必要になります。屋根は外壁よりも太陽光を受けますので痛みやすい部分なのですが、そうめったには目にすることはない所ですし、痛みを気にする方も春日井市では多くはありません。傷つくと家の内部に雨水がしみこみ腐敗などが起きることもありますので、定期的なメンテナンスが必要になります。時期はというと壁と同じように約七、八年くらいより10年前後で塗り替えを施すというのが普通ですが、日本瓦の屋根は塗り替えをやる必要はありません。

外壁部分の外層にコケなどができると見栄えがまずいだけでなく、塗膜がいたんでいると判断していいです。コケはジトジトした場所にできやすく、かびを防ぐ効果が弱い塗装を利用している時はすぐにもあらわれます。建築の際は、諸費用を抑えるため塗装の品質を落とすといった事も多々あり、そうした際には塗装の老朽化も早いです。より老朽化が進むとヒビ割れなどもおきて、春日井市でも修理費用は高額になってきますから、早期に壁の塗装を施すことが重要です。