外壁の塗装会社というのは戸別営業がしつこいといった感じが伊丹市でもあります。ポスティング広告ビラを入れてくることもあるのですが、外壁の塗装をしませんかという感じに不意にセールスしてくる場合も多くなっています。どういうわけで直接営業をしてくるのでしょうか。そのわけは建物の外壁部分が見えてしまうからです。業者の営業担当者は、街を徘徊して、一つずつ壁を見ていき、外壁が傷んでいる所を選んで訪ねてくるというわけです。順番に回って現れるというわけではなく、外壁の塗り替えが必要な家を選択して営業をかけているのですが、ときには、迷惑な戸別営業をしてくる業者もあるので気をつけてください。

マイホームの外壁の塗装をやってもらう時期は、新築してから、または過去の壁の塗り替えから、一般的には伊丹市でもおよそ10年位になります。つかっている塗装材などによって違ってきますが、だいたいその位です。ときには、建築時に質が悪い塗装材 を使用していたり、元々塗装材 さえもつかってない場合もあって、そのときは早期に外壁が老朽化してしまうといったことも珍しくありません。外壁の塗り替えというものはヒビ割れ等を防ぐ目的を持ちますので、一定期間で行うようにしてください。