壁と同じく屋根の整備も重要です。屋根は壁とくらべても雨風を受けますのできずつきやすくなる部位ですが、そうそう目に入らない場所ですし、いたみに気づいている方も香取郡東庄町では多くはないです。老朽化すると、内部に水分が入り込んで腐敗などが起きる時もありますので、一定期間でのメンテナンスが大切になります。期間はというと外壁と同じく約七年前後より10年位を目安に塗装を施すというのが普通のやり方ですが、日本瓦は塗り替えをやる必要はないです。

外壁の形態としては、モルタルの壁とサイディングボードが香取郡東庄町でも多く、そのほかだとトタンや板ばりなどになります。モルタルはセメントや砂石等をかき混ぜたモルタル材を左官職人が塗り、さらに塗装材を塗って作る工法で、サイディングが開発される以前は日本の家屋の主流でした。このごろの大部分はサイディングを利用した壁となり、さきに工場等にて作り出されたサイディング材と言われる外壁材を貼りこんでいく形で作り上げていきます。いずれの壁も一定期間での塗り替え作業は大切であることでは同じになります。