外壁にコケ等がつくと外見が汚いことはもちろん、壁の素地がいたんでいると思っていいです。かびは湿度の高い部分に発生しやすく、防かび剤の効き目が弱い塗装で施工されている時はすぐにも発生します。新築のときには、費用を削減するために塗装の品質を下げる事も多く、その場合には塗装の老朽化も早くなります。もっといたんでいくとひび割れなども起きて、釧路市でも修繕にかかる費用は高めになりますので、早い段階で塗り替えを行うことが必要です。

外壁の分類はモルタルやサイディング材が釧路市でも普通で、そのほかだと板張り等になります。モルタル外壁は砂やセメント等を練り混ぜたモルタル材を職人が塗りつけて、塗装材を塗って施工するといった方法でサイディング材が普及する前は多くをしめていました。近年の主流はサイディングボードをつかった壁になり、予め作業場などで生産されたサイディングボードという外壁材を貼る形で施工していきます。どちらも何年かおきの壁の塗り替え作業は必要であるという点では同じです。