壁には、サイディング材と呼ばれる壁も久喜市では頻繁に利用されます。サイディング材ならばメンテナンスをしなくていいといった印象をいだく方も少なくないですが、モルタル外壁と同じように塗り替えは不可欠です。だいたい十年くらいで塗装を行えば、約30年前後は利用できますが、塗装をしないままでいると早期にヒビ等といった異常でつかえなくなってしまうこともあります。サイディング材も外層は塗装材により守っているということは同様なのです。

外壁部分に起こる異常には、ヒビ割れとかかび等が挙げられます。ヒビというのは乾燥や構造のゆがみ等がきっかけで起きますが、多くの場合で修繕可能です。カビやコケというのはジメジメした所につきやすく、塗装のかびを防止する効果が低かったりすると起こりがちです。早急にどうにかすべきトラブルではないのですが見かけも汚いですし、何もせずにいると老朽化してしまいますので壁の塗り替えを行うことも考えられます。塗装の皮膜が剥脱するといったケースは久喜市でもあまりないのですが、たいていのケースは作業の過ちです。