外壁の表面にかび等があると見かけが汚い以外にも、壁の素地が傷ついていると思っていいです。苔はジメジメしているところにできやすく、カビを予防する効力が弱い塗装を使っているときは早期にあらわれます。家を建築するときには、費用をカットするため塗料にお金をかけられないという場合も多数あり、その時には塗膜もいたみやすくなります。よりいたんでいくと、クラックなども生じて、鹿嶋市でも修理費用は高くなりますので、すぐにも壁の塗装をする事がポイントです。

外壁のタイプはモルタル、サイディング材が鹿嶋市でも多く使われ、その他にはトタンや板ばり等です。モルタルというのは、砂やセメントなどを練り合わせて作ったモルタル材を左官屋が壁に塗り、そこに塗装して作り上げるといったやり方で、サイディング材が登場する前は日本の家の多数をしめていました。近年の多数派はサイディング材を使用した壁になり、あらかじめ工場などにて作り出されたサイディング材と言われる壁材をくっつけていくように施工するものです。どちらの壁も周期的な外壁の塗装が重要であることでは同様です。