建物の外壁部分にはサイディング材という壁も祖師ヶ谷大蔵では多く用います。サイディングはメンテをする必要がないというような印象をいだく方も少なくないですが、モルタルの場合と同じく外壁の塗装は必要です。10年程度で塗装を行っていけば、約三十年位はつかえますが、塗り替えをしないでいると早期にひびなどといった症状によって利用できなくなります。サイディングだとしても表面は塗料で保持されているということは同じになります。

外壁の塗装についてのちらしを見ると10年長期保証しますと書いてある所も祖師ヶ谷大蔵では多いと思います。十年保証ならばありがたいといった人も多数いますが、知っておきたいのが保証の意味です。だいたいの場合は保障の対象となるのは壁の所だけで外壁から塗料が剥がれてしまったときだけ保証が効きます。そうは言っても、外壁から塗装材が落ちてしまうというようなケースはめったなことではないですし、外壁にくらべたらとれてしまいやすい木部やトタン等の部位は十年保証の対象にはされず、せいぜい3年くらいといった保障の内容になっているケースが多いです。