外壁の塗り替え業者というのは訪問営業が少なくないといったイメージが安芸郡熊野町でも持たれます。ポスティングちらしを配布してくるのはもちろん、塗り替えをするべきですよといきなりあらわれることも多いと思います。どういうわけで直接営業をしてくるのでしょうか。壁が見えてしまうからです。業者の営業担当者は、住宅街をさまよい、各々の家の外壁部分を見ていき、壁がいたんでいる所を見つけたら訪ねてくるのです。手当たり次第に訪れるのではなく、外壁の塗装をするべき所を探しておとずれるのですが、時には、面倒な訪問営業をしてくるところもあるため注意してください。

壁の種類としてはモルタルの壁やサイディングというのが安芸郡熊野町でも多数で、ほかにはトタン等になります。モルタルは、セメントと砂石等を混ぜて作ったモルタルを左官屋が壁に塗って、塗装して完成させるというような工法で、サイディングボードが現れる前は日本家屋の多数派でした。このごろの多数派はサイディング材をつかった壁で、前もって工場などで製造されたサイディングボードという壁材を貼りこんでいく形で施工します。二つとも定期的な外壁の塗り替えは欠かせない点では同様になります。