生駒市でも壁の塗装には表向きをよくしておくという狙いに限らず、もともとは住居を防水で守る事が役割りです。外壁というのは塗装の皮膜にてつつむことにより保持されているのですが、時が経っていくうちに劣化が進み、ひび割れを起こしたりしてしまいます。そのようになってくると家を守っていく事ができなくなり、壁板等の住居のつくりまで波及するケースもあります。壁の素地の劣化が進んでから外壁塗装をするのでは後の祭りなので、そのような状態を防ぐために定期的な壁の塗り替えが重要です。きちんと整備を行うことによって家屋の価値も保つことができるのです。

壁にはサイディングボードという人工の壁材というのも生駒市では頻繁に利用されます。サイディングボードというのは整備をしてなくても良いというイメージを持っている方も多いようですが、モルタルの場合と同じように壁の塗り替えは不可欠です。十年位で塗装を施していけば、三十年位は長持ちしますが、塗装をしないでいると短い年数でクラック等といったトラブルにより使用できなくなります。サイディング材だとしても表は塗料によって守っていることは同じです。