外壁の塗り替えについての見積りをもらった時に注視しておくポイントとして、重ね塗りの工程が考えられます。本八幡でも基本的に重ね塗りの回数は三回作業します。また、紫外線を受ける南西等、傷みが酷い場所は4回実施することもあり、日差しが当たらない所は二回になる事もあります。重ね塗りを何回施すかによって用いる塗装材の費用も違ってきますのできちんとチェックしておきましょう。見積もり書では、重ね塗りを何回やるかを確認し、省かれている場合は伺ってみるようにしましょう。あやふやな対応をしてくる業者は、やめるようにした方が無難です。

外壁塗装を自分のみですることができないかと思案する方もおりますが、困難な作業にはなると思います。技術を持っている方ならば、やれると思いますが、外壁の色をつけるだけなので自分のみでも可能だといった程度の考えの場合は、業者に依頼したほうが良いです。外壁の塗り替えには家屋を保全するという大事なねらいも持ちます。下地処理を行うケレン作業で前の塗装材を落として、重ね塗りをして仕上げるという施工は、どうしても専門でないと歯が立たないです。本八幡でも材料の費用は発生してきますし、外見も粗末になってしまう危険性があがります。