建造物は完成した瞬間から老朽化が始まっているので、つねに補修をしていく事が小林市でも必要です。とりわけ家の壁は絶えず紫外線をうけていて、徐々にダメージを受けていきます。何もしないでいると外壁にひびが入るなど、修理をしなくてはいけなくなってしまいます。壁が壊れてしまうのを防ぐためには塗り替えが大切です。壁の塗り替えというものは表向きを美しくしておく以外にも、外壁部分を補強してヒビ割れなどを押さえるという効果も持ち、修繕の料金が発生しなくなります。まだきれいなのでする必要がないという事ではなく、建造物を保護するために必要な手入れになります。

塗り替えについてのちらしに十年間保障ですというように掲載しているところも小林市では多いようです。十年間保障ならば大丈夫だといった方もたくさんいますが、確認しておきたいのは保証の中身です。だいたいのケースでは保障されるのは外壁のところのみで、外壁から塗装がはがれた場合のみ保証が認められます。とはいえ、壁から塗装材が落ちてしまう事はそうめったにはないですし、壁よりも剥がれてしまいやすい木部などというようなところは10年間保障の対象にはされず、長くても三年くらいという保証の内容になっているケースが多いです。