壁の塗り替え業者というのは飛び込み営業が多いといった印象が倉敷市でも広まっています。ポスティング広告を撒くこともあるのですが、壁の塗装をすべきですといったように直接玄関先に来る場合もよくあります。どういう理由で直接営業をするのでしょう。そのわけは建物の壁部分が道路から見えてしまうからです。営業担当者は道を徘徊して、戸別に壁部分を調査していき、外壁がいたんでいる所を見つけたらおとずれるというわけです。全ての家に営業をかけているのではなく、外壁塗装をするべきところを選んでおとずれるのですが、時には、迷惑な直接営業をしてくる会社もあるので気をつけてください。

外壁塗装の見積りが出た際に点検するポイントとして、重ね塗りの作業があります。倉敷市でも一般的には重ね塗りというのは上塗り、中塗り、下塗りの3回作業します。ただ、日差しが当たる方角等、いたみが激しいところは4回になることもありますし、痛みが少ない壁については二回となる事もあります。重ね塗りを何回やるかで塗装材の量も金額も違ってきますのできっちり確認しましょう。見積りでは、これらを何回施すかに気をつけ、記述がない場合はたずねてみるのがよいです。適当な受け答えをしてくるようなところは避けるようにした方が安全です。