外壁と同じように屋根の管理も不可欠になります。屋根というのは壁と比べても日光にさらされますので劣化も早い箇所ですが、いつもは見えない部分ですし、痛みを気にする人も嘉麻市では多くありません。劣化が進むと、家の内部に雨水が入って腐敗などが起きてくることもあるので、定期的なメンテが必要です。サイクルはというと壁と同じようにおよそ七年位から10年程度にて屋根の塗り替えをやっていくのが通常のやり方ですが、瓦ぶきは塗り替えをやる必要はないです。

壁部分にツヤがなくなってきたら外壁の塗装のタイミングが来ていると思われます。見かけが変化してきているのは、塗膜の表面が風雨等の影響で樹脂層を破壊されているということになります。部分的に塗装材が剥脱してしまってきている場合も同じになります。もっと傷んでいくと外壁を触れたときに塗装材が付着します。これらをチョーキング現象と称し、嘉麻市でもこのようになったら外壁の塗り替えの時機と判断できます。