外壁の型では、モルタルやサイディングが揖斐郡池田町でも多く、そのほかだとトタンや板などとなります。モルタルの壁というのはセメントと砂などをまぜたモルタル材を職人が壁に塗りつけて、さらに塗料を塗って完成させるというやり方で、サイディングが登場する前は大半をしめていました。最近のほとんどはサイディング材をつかった壁ですが、前もって作業場などにてつくられたサイディング材と言われる壁材をくっつけていくように完成させていきます。どちらも定期的な壁の塗り替えは欠かせないことでは同様です。

外壁と同様に屋根のメンテについても必須です。屋根というのは壁とくらべても紫外線をうけますので傷みやすい部位ですが、普段は見えない所ですし、傷みを危惧する人も揖斐郡池田町では多くはありません。老朽化が進むと中に雨水が入って腐食等が起きる事もありますため、何年かごとの管理も重要です。期間はというと壁と同じく約7年前後より十年位を目途に塗装を施すのが通常ですが、瓦の場合は塗り替えをする必要はありません。