外壁と同じく屋根のメンテについても大切です。屋根は壁よりも日差しの影響を受けるので老朽化も早くなる場所なのですが、ふだんは目にしない所ですし、傷みに気づく人も洲本市では多くはありません。いたむと、建物の中に水がしみこみカビなどがおきてくるときもあるので、定期的なメンテナンスが必須になります。サイクルは外壁と同じように七、八年位から10年くらいを目途に屋根の塗装を施すというのが一般的ですが、瓦ぶきの場合は塗り替えを施す必要はないです。

外壁の種類は、モルタルとサイディングというのが洲本市でも一般的で、それ以外だと板張り等です。モルタルというのはセメントや砂石等を混ぜ合わせて作ったモルタルを左官屋が壁に塗って、塗料を塗って仕上げるといったもので、サイディング材が現れる以前は日本の家の多数派でした。このごろの主流はサイディングを使った外壁になり、先に工場などで作り出されたサイディングボードと言われる外壁材を貼るように施工していきます。両方の壁も何年かごとの壁の塗装が必要であるということでは同様です。