外壁にかび等がつくと見栄えが汚いだけにとどまらず、塗料の劣化が進んでいると思って大丈夫です。苔は湿度の高いところにできやすく、カビを予防する効果が低い塗料で塗られているときは早い段階で発生します。建物を建てるときには、諸費用を抑えるため塗装の質を低くするというケースも珍しくなく、そのようなときには壁の下地もきずつきやすくなります。もっと傷つくとひび割れなども発生し、瑞穂市でも修復にかかる料金は大きくなりますので、早い年数で塗り替えをする事が重要です。

壁部分には、サイディング材という壁というのも瑞穂市では頻繁に使用されます。サイディング材はケアをしなくていいというような印象を持っている方も少なくありませんが、モルタルと同じく塗り替えは重要です。約十年くらいで塗装を施していけば、三十年程度は使用できますが、塗装をしないでいると早めにひび等といった症状によって利用できなくなります。サイディングボードでも表面は塗装の塗膜によってまもられている事は同じです。