三軒茶屋にて外壁塗装の施工会社を決めていく際のヒントとなるのが資格、経験になります。資格という観点では塗装業の都道府県知事許認可を持っている業者であるかという事が必要です。職人さんが持つ資格という視点では塗装技能士になります。資格以上に重要な点が作業実績で、資格はあっても作業実績が全然ないというのでは依頼できません。今までどのような施工をした経験があるのか等を訊ねてみたり、自分の家の外壁の塗り替えについて気になった点を伺ってみるのもありです。応対等がきちんとしているならば心配なく頼めます。

外壁と同じように屋根の管理も必須です。屋根は外壁とくらべても太陽光をうけるのできずつきやすくなる箇所ですが、いつもは目に入らない箇所ですし、痛みを気にしている方も三軒茶屋ではわずかです。いたんでいくと内側に雨水が入って浸食などが生じてくる事もありますので、周期的な整備が必須です。年数としては壁と同じく七、八年程度から10年位を目安に塗装をやっていくのが通常ですが、日本瓦は塗り替えを行う必要はありません。