壁部分に発生する異常には、クラック、カビなどが挙げられます。ヒビ割れはというと乾燥や建物のゆがみ等が起因して発生しますが、大概のケースでは補修可能です。カビ汚れはというと湿度の高いところにできやすく、塗料の防かび剤の効力が弱かったりしたときに起きます。緊急性をもってなんとかする事態ではないのですが外観も悪いですし、その状態のまま何もしないでいると老朽化し始めますので壁の塗装を行う事も選択肢です。塗装の塗膜が剥落するといったことは瀬戸市でも珍しいのですが、大概の場合は施工のミスによるものです。

外壁塗装業者というのは飛び込み営業が多いという印象が瀬戸市でもあります。ポスティングちらしを配布する以外にも、外壁の塗り替えをしますよといったようにとつぜんセールスしてくることも多いと思います。何ゆえに戸別営業が多いのかというと、その理由は外壁部分が道路からむき出しだからです。業者の営業担当者は道路を歩き、おのおのの外壁部分を見ていき、外壁が劣化している家を選んで訪ねてくるというわけです。順番に回ってあらわれるというわけではなく、壁の塗装をするべき家を見つけてたずねてくるのですが、なかには、迷惑な訪問営業をしてくるような業者もあるため注意しなくてはなりません。