家屋はできた段階から劣化し始めているので、定期的に補修をしていくことが国立市でも重要です。とりわけ建物の壁部分というのはいつも雨風にさらされて、しだいに傷ついていきます。その状態のまま放置していると外壁がひび割れるなど、補修をすることになります。建物の外壁がこわれるのを防ぐためには定期的な外壁の塗装作業は必須です。壁の塗り替えというのは見栄えをキレイにしておくことはもちろん、壁を補強してクラック等を防止する意味もあり、その結果、修理費を省けます。まだキレイだからしなくていいという事でなく、建造物を保全するために必要な作業です。

壁の塗装についての見積り書を受け取ったときに見ておく点としては重ね塗りがあります。国立市でも基本的に重ね塗りの回数というのは上塗り、中塗り、下塗りの3回行います。日射があたる南の方角等、傷みが多いところについては4回施工することもある一方、日差しが当たらないところは二回になる事も考えられます。重ね塗りを何回行うかによって塗料の分量も費用も異なってきますのでしっかりチェックしましょう。見積もり書については、これらを何回行うかに気をつけ、省かれている時は聞いてみるようにして下さい。あやふやな答えを返してくる感じのところは、別の業者にしたほうが安心です。