壁の色あせが目立ってきたら、外壁塗装のタイミングになったと思っていいです。外見がちがっているのは、塗膜の外側が日差しなどの影響で組織を分解されてきているということです。部分的に塗膜がとれている時も同様になります。もっと傷むと壁部分を触ったときに塗装材がついてくるようになります。このことを塗装の白亜化といい、世良田でもこのような感じになったら壁の塗り替えの時期と思われます。

世良田にて壁の塗り替え会社を決めていく際のキーとなるのが資格、実績です。資格という視点では塗装業の知事の許認可を持つ会社かということが不可欠になります。職人さん個人がもっている資格といった点では、塗装技能士があります。資格以上に重要なポイントが実績で、資格はもっているが作業実績がまるでないのでは任せられません。これまでどのような仕事を行っているのかなどについてを伺ってみたり、壁の塗り替えについて素朴な疑問点をたずねるのも良いです。受け答えなどがきちんとしているならば安心してたのめます。