家の外壁の形態は、モルタルの壁とサイディングというのが広島市でも多く、その他だと板張りなどです。モルタルの壁というのは、砂石やセメント等を混ぜたモルタル材を左官屋が壁に塗りつけて、塗料を塗って作り上げるもので、サイディングボードが出てくる以前は日本の家屋の多数をしめていました。最近の大部分はサイディングを使った壁になり、あらかじめ加工場等にて生産されたサイディング材と呼ばれる外壁材を貼りこんでいく形で施工します。両方とも何年かおきの壁の塗装が不可欠である点では同じです。

外壁部分に苔等が発生すると外見が悪いだけでなく、塗装材が傷ついていると思われます。苔はジメジメしている所に生じやすく、カビを防止する効力が低い塗装によって塗られている場合は早めにできてきます。新築のときには、支出をけずるために塗料の品質を低くするというようなケースも多く、そうしたケースでは壁の下地の劣化も早くなります。もっと劣化が進むと、破損なども発生し、広島市でも修復の料金は大きくなりますから、早期に外壁塗装を施す事がポイントです。