塗り替え会社というのは戸別営業が多いといった感じが成瀬でも浸透しています。ポスティング広告ビラを撒いてくるのはもちろん、外壁塗装をすべきですと突然玄関先にやってくる場合もよくあります。なぜ直接営業が多いのでしょう。そのわけは家の外壁部分が外から見えてしまうからです。業者のセールス担当者は、住宅街を散策して、一軒ずつ家の外壁部分を調べていって、壁が劣化している住居を選択して現れるというわけです。手当たり次第に訪れるというわけではなく、壁の塗り替えをすべき所を選んであらわれるのですが、場合によっては、迷惑な飛び込み営業を行う業者もあるので気をつけてください。

外壁の塗装の見積もりがでたときに見る観点として重ね塗りの作業があります。成瀬でも通常重ね塗りの回数というのは下塗り、中塗り、上塗りの3回作業します。日射があたる南西等、痛みが多い部分については4回になることもあり、痛みが少ない場所は2回になる事も考えられます。重ね塗りを何回やるかによってつかう塗装材の分量も代金も差が出てきますのできちっとチェックしておきましょう。見積もりでは、これらの回数を確認し、書かれていないときはたずねるようにしてください。不明瞭な答えをしてくる感じの所は、回避した方が良いです。