建物の壁に生じる症状としては、クラックやかび汚れなどがあります。クラックというのは構造のズレなどによって起きますが、たいがいのケースでは修理可能です。かびというのは日光が当たらないところに発生しやすく、塗料の防カビ剤の効力が低かったりすると発生します。緊急性をもって対応すべき問題ではないですが美観も汚いですし、その状態のまま放っていると、いたみはじめますので壁の塗装を施す事もありです。塗膜がとれるといったことは川崎市多摩区でも少ないのですが、たいがいの場合は作業のミスになります。

壁部分には、サイディング材という人工の外壁材も川崎市多摩区ではたびたび使われます。サイディング材であれば整備をしてなくて良いというようなイメージを持っている方も多いと思いますが、モルタルの壁の場合と同じように壁の塗り替えは不可欠です。10年程度で塗装を行っていけば、およそ30年程度は利用できますが、塗装をしないと早期にヒビ等の問題によって利用できなくなってしまいます。サイディングボードだとしても表は塗装の皮膜により守っているという事は同様なのです。