壁の塗り替え会社というのは戸別営業がしつこいといった感じが戸手でもあります。広告ビラを撒いてくる以外にも、外壁塗装をするべきですよという感じにとつぜん営業してくるケースも増えつつあります。どういうわけで訪問営業ばかりするのかというと、家の外壁が見えるからです。セールス担当者は道を歩き、ひとつひとつ壁部分をチェックしていって、壁部分が古くなっている所を見つけたらおとずれるというわけです。全ての家に営業をかけているというわけではなく、壁の塗装をしたほうがよい家を見つけて訪ねてくるのですが、ときには、執拗な直接営業を行っているような会社もあるため注意が必要です。

外壁のように屋根の整備についても必須です。屋根は外壁以上に風雨の影響を受けるので老朽化も早くなるところなのですが、ふだんは見ない部分ですし、傷みを心配している人も戸手では少数です。いたむと家の中に水が染みこみ侵食などの原因になる時もありますため、一定期間でのメンテが必須になります。サイクルはというと外壁と同じように7,8年くらいより十年くらいを目途に塗装をしていくのが通常ですが、日本瓦の屋根は塗り替えを施す必要はありません。