外壁と同様に屋根の手入れについても大切です。屋根というのは外壁と比べても日差しを受けますので老朽化も早い所ですが、日ごろは目にすることはない場所ですし、劣化を気にする人も黒川郡富谷町では多くありません。傷むと、内側に雨が入り込んで侵食などが起きることもあるので、一定期間での手入れが大事になります。時期はというと外壁と同じように七年程度から10年位にて屋根の塗装をやっていくのが原則ですが、瓦ぶきの屋根は塗り替えをやる必要はありません。

黒川郡富谷町でも壁の塗装には見かけを良く保つといった意味にかぎらず、元々は家屋を耐水して守るのが役割です。壁というのは塗装の塗膜にてカバーすることにより守っているのですが、時が経つにつれ傷んでいき、ひび割れたりします。そのようになってくると建築物を保護する事がむずかしくなり、柱等の建築物の内側にまで傷ついていく場合もあります。壁の下地が傷ついてから壁の塗り替えを行うのでは手遅れなので、そういった状況を避けるために周期的な壁の塗装作業が大切です。正しく整備をしていくことによって建造物の値打ちも高まります。