壁の形は、モルタルの壁やサイディングボードが武蔵小山でも一般的で、それら以外だとトタン等があります。モルタル外壁はセメントと砂等を混ぜて作ったモルタルを左官屋が塗り、その上に塗料を塗って仕上げるもので、サイディング材が現れる以前は主流でした。現在の大半はサイディングを利用した壁ですが、さきに作業場等で製造されたサイディングと言われる外壁材を貼る形で作っていきます。どちらの壁も何年かごとの壁の塗り替えは重要であることでは同じです。

建物の壁に起こりがちな異常には、ヒビ割れ、カビ等がよく見られます。ヒビ割れというのは乾燥状態や建物の歪みなどによって起きますが、ほとんどのケースでは補修できます。カビ汚れについては太陽光が当たらない所にでやすく、塗料のカビを防ぐ効果が弱かったりした時に生じます。早急に対応すべき状態ではないのですが美観も汚いですし、その状態のまま何もしないでおくと傷み始めますので壁の塗り替えを行うのもありだと思います。塗装の皮膜が落ちるといったケースは武蔵小山でもそれほどないですが、たいがいのケースは塗装時の失敗によるものです。