小諸市でも壁の塗り替えは見かけをキレイに保つというねらいはもちろん、もともとは住居を覆ってガードすることが役割りです。外壁は塗装材で覆うことによってまもられているのですが、時の経過とともに劣化して、ヒビが入ったりします。そのような状態になってくると建築物を維持することが困難になって、下地などの建造物の中にまで影響が及ぶこともあります。壁が劣化してから外壁の塗装を施すのでは後の祭りなので、そのような状態を防止するために一定期間での外壁の塗装が欠かせません。きちんと手入れをしていく事によって建築物を守ることができます。

壁部分が汚れてきたら、塗り替えの時期が来ていると考えていいです。見栄えが衰えているという事は、塗装材が太陽光等によって樹脂層を壊されてきているということになります。部分的に塗装が剥がれてきている時も同じです。もっと傷ついていくと、壁を指で触れた時に塗装が手についてくるようになります。この現象をチョーキング現象といい、小諸市でもこのようになったら壁の塗り替えの時機と判断していいです。