外壁塗装の見積もりを出してもらった時に確認しておく項目としては重ね塗りがあります。千葉市緑区でも一般的には重ね塗りは上塗り、中塗り、下塗りの3回施します。ただ、日差しを受ける方角など、減衰が多いところというのは4回作業する事もある一方、日差しが当たらない部分については二回となる事もあります。重ね塗りを何回行うかによってつかう塗料の金額もちがってきますのでしっかりと気をつけましょう。見積りについては、これらを何回施すかを見て、記載がない場合は訊ねるようにしてください。雑な返答をしてくる業者は契約しないほうが安全です。

外壁部分に生じる症状には、ヒビやカビ等が挙げられます。ヒビというのは乾燥状態や建物の歪み等によっておきますが、ほとんどのケースで修復可能です。カビ汚れはというとジメジメしている部分にでやすく、塗装材のカビを予防する効果が低かったりすると起こります。切迫してなんとかする状況ではありませんが見かけも悪いですし、何もしないでおくと傷み始めますので塗り替えを施すことも選択肢になります。塗装材が取れるといった事は千葉市緑区でも珍しいですが、たいていのケースは塗装の際の過失です。