見積もりの時に見ておく観点として下地調整のケレン作業か挙げられます。元の塗装材の膜を除いて壁の下地の調整を行う工程で、これらの施工をやらないと、新たな塗装材がきちっと効き目を出せなかったり、早期にはがれたりすることも多いです。北区でも、下地調整は手間と時間が発生するため、なかには、これらの作業を省く業者もあるようなので注意を払わなくてはなりません。期間がすごく短期だったり、費用が極端に安上がりなときは、この工程をするかをチェックしてみてください。記載がない際には質問するようにしてください。

塗り替えについてのビラを見てみると十年間保証しますというように記載しているところも北区では少なくないようです。10年間であれば満足だと思う方も多数いますが、見ておきたいのが保障の内容になります。多くの場合は保証が認められるのは外壁部分だけで外壁から塗料がはがれてしまった場合のみ保障の対象となります。しかしながら、外壁から塗料が剥がれるというようなことはそうそうないですし、壁にくらべたら剥がれ落ちてしまいやすい木部や鉄やトタンなどといった部位は十年保障が効かず、長くても三年位といった保証の中身になっているケースが大部分のようです。