壁には、サイディング材というボード状の壁材も川越市ではよく用いられます。サイディングボードであれば整備をしてなくても良いといった印象をいだく方もたくさんいるようですが、モルタル外壁のように壁の塗装は大切です。十年程度で塗り替えをしていけば、だいたい三十年位はもちますが、塗装をしないでいると早期にひび割れなどといった異常によってつかえなくなってしまうこともあります。サイディングボードだとしても表層は塗膜により保持されていることは同様なのです。

外壁の塗り替えについての見積もりを受け取った際にチェックする箇所としては、重ね塗りが考えられます。川越市でも一般的に重ね塗りの回数というのは3回施します。また、日差しをうける南西の方角等、減衰が厳しい所は4回やる事もありますし、劣化が少ない部分は2回になることも考えられます。重ね塗りの回数によりつかう塗装材の費用も違ってきますのできちっと目を通しておきましょう。見積りについては、これらを何回施すかに気をつけ、記載がない場合はたずねてみるのがよいです。不明瞭な答えを返してくるところは、頼まないほうが安全です。