家というものは出来たときから劣化し始めていますので、定期的に補修をする事が築地でもポイントです。特に壁部分は毎日風雨を受けながら、ゆるやかに劣化します。そのままで何もせずにおくと壁部分にクラックができてしまうなど、補修作業をしなくてはいけなくなってしまいます。外壁部分がこわれてしまうのをとめるには外壁の塗り替えが必須です。外壁塗装というものは表向きを綺麗に保つのみでなく、外壁を強化してヒビ割れ等を防止するといったねらいも持ち、修理費等を省けます。まだきれいなのでしなくていいという事ではなく、家屋を維持するために重要なメンテナンスです。

外壁の型としては、モルタル、サイディング材が築地でも多く使われ、他にはトタンや板などとなります。モルタル外壁は、砂とセメントなどを練ったモルタルを職人が塗りつけて、さらに塗装して完成させるというもので、サイディングがあらわれる前は日本の家の多数派でした。この頃のほとんどはサイディングボードをつかった壁ですが、予め工場等にて作成されたサイディング材と呼ばれる外壁材をくっつけていくように作り上げていきます。いずれの壁も何年かおきの壁の塗装が不可欠であるという点では同じです。