外壁の塗装を施す時にしっかりやっておきたいのが色のチョイスになります。事前に塗料の色サンプルを見ながら選んでいく形になりますが、実際に塗装すると思っていたものと違うようになったというような事が沙流郡日高町でもよくあります。見本の色の感じと外壁全面に塗装された色では印象は異なってしまうものです。近所の建築物の色彩との調和を考えてみることも必要です。基本的に、鮮烈な色彩の場合は時間が経つにつれて色の減衰が目立つので、穏やかな色を選択すると失敗が少なくなります。

壁と同様に屋根のメンテナンスも大切になります。屋根は壁以上に雨風をうけますので劣化も早いところなのですが、めったなことでは見えないところですし、傷みを心配している方も沙流郡日高町ではわずかです。傷むと家の中に水分がしみこみ腐敗などが発生するケースもあるため、何年かごとの整備も必須です。年数としては外壁と同様におよそ七、八年くらいより十年位を目途に屋根の塗装をするのが普通ですが、瓦は塗り替えを行う必要はありません。