外壁の表層にかび汚れなどが発生すると外観が汚いだけでなく、塗料が傷んでいると思われます。かびはジトジトしたところにでやすく、防カビの効果が低い塗装にて施工されているときは早い年数ででてきます。新築の時には、経費を削るため塗装材の質を落とす場合も少なくなく、そのようなときには塗装の劣化も早いです。さらにいたんでいくと、破損等も生じ、京田辺市でも補修の料金は高くなりますので、早い段階で壁の塗り替えを施す事が重要です。

家の壁部分にはサイディング材と呼ばれる板上の壁も京田辺市ではたびたび用います。サイディングならば整備をせずにOKだというイメージをもっている方も多いようですが、モルタルの壁の場合と同様に壁の塗り替えは重要です。約十年前後で塗装を施していけば、三十年前後は長持ちしますが、塗装をせずにいるとすぐにもクラック等のような症状により利用できなくなってしまうこともあります。サイディング材も表層は塗装の塗膜で守っているという事は同様になります。