壁と同様に屋根の管理も大事です。屋根は外壁よりも雨風を受けますのでいたみやすい部分なのですが、めったに目にしない場所ですし、劣化を気にしている人も江南市では多くないです。傷んでいくと内部に水分が入りカビなどが発生する事もあるため、一定期間での手入れが重要です。サイクルとしては壁と同じように約七年位から十年位を目途に屋根の塗装をするというのが普通のやり方ですが、日本瓦の屋根は塗り替えはいりません。

建物は完成した時から老朽化が始まっていますので、常にお手入れをすることが江南市でもポイントです。特に壁部分というのはつねに太陽光を受けていて、時間をかけてダメージを受けていきます。ほったらかしておくと壁がひび割れる等、修理作業を要することになります。建物の壁の劣化をとめるためには外壁の塗装作業が重要です。外壁塗装は外観をキレイに保持することにかぎらず、壁を整備してヒビ割れ等を押さえる目的もあって、その結果として補修の費用などが発生しなくなります。まだきれいだからしなくていいというようなことでなく、建造物を保護するために必要な整備になります。