家の壁のタイプでは、モルタル外壁やサイディング材というのが足柄上郡中井町でも通常で、その他だとトタンや板ばり等になります。モルタルの壁は、セメントや砂と水等を練り混ぜたモルタル材を左官屋が壁につけて、その上に塗料を塗って完成させるといった工法で、サイディング材が登場するまでは主流でした。最近の大半はサイディング材をつかった外壁ですが、前もって工場等で製造されたサイディングボードと呼ばれる壁材を貼り付けるように施工するものです。両方の壁も何年かごとの塗り替え作業が欠かせないことでは同じです。

外壁の塗り替えをする際に念入りにしたいのが色の選択になります。あらかじめ塗料の見本をもとに決めていく形になるのですが、塗装されるとイメージと違う風に出来上がってしまったというような事が足柄上郡中井町でも多くなっています。小さな色見本の色と壁全部に塗装されたものではイメージはちがってくるものです。まわりの住居の色彩とのバランスを想像する事も重要です。基本的に、ヴィヴィッドな色の場合は時間の経過とともに色の衰えが目立つので、穏やかな色を選択すると安全です。