家の壁の塗り替えをお願いする時期は、新築してから、または過去の塗り替えからでいうと、一般的に小松市でも10年程度になります。使っている塗料等によっても異なりますが、基準としてそのような感じです。なかには、建設の時に粗悪な塗料を利用していたり、そもそも塗料を使ってないようなこともあって、そういった場合にはみるみる壁が老朽化してしまうといった事も少なくありません。塗り替えというものはひび割れ等を防ぐというような役割をもちますので定期的にやってください。

家の外壁部分にツヤがなくなってきたら外壁の塗り替えのタイミングになったと考えられます。色が異なってきているということは、塗膜が雨風等の影響で樹脂層を破壊されているということになります。塗膜が剥脱してしまってきている場合も同じです。より傷んでいくと壁を手でタッチした時に塗装材が手につくようになります。この現象をチョーキング現象と呼び、小松市でもこの現象が起きたら外壁塗装の時機と判断できます。