外壁の塗装についてのビラでは十年間保証付きと記述している業者も等々力では多いと思います。10年ならば満足だと思う人も少なくないですが、確認しておきたいのがその中身です。たいていのケースでは保証が効くのは壁の部分のみで、壁から塗装がはがれた時だけ保障が認められます。しかし、外壁から塗料がはがれてしまう事はめったなことではないですし、外壁に比べてとれてしまいやすい木部やトタン等というような部位は十年間保証の対象にはならず、長くても3年くらいというような保証の中身のケースが大部分のようです。

マイホームの壁の塗り替えをする時期というのは、完成してから、あるいは前の外壁の塗り替えから、通常、等々力でも十年くらいになります。気候などでちがいますが、標準ではその位になります。なかには、建築のときに安価な塗料をつかっていたり、元々塗料自体を利用していないような事もあり、そういった時には早めに壁が老朽化してしまうといった事もあります。塗り替えというのはひび割れなどを防ぐ意味を持ちますので、定期的にするようにしてください。