外壁塗装の見積もりをもらったときに目を通す項目として、重ね塗りの回数があります。富田林市でも通常重ね塗りというのは上塗りと中塗り、下塗りの3回施工します。ただ、日光を受ける南西など、劣化がひどいところは4回になる事もあり、日差しが当たらないところについては2回となることも考えられます。重ね塗りを何回やるかによりつかう塗料の料金も差が出ますのできっちりと見ておきましょう。見積りでは、重ね塗りを何回やるかを注視し、書いていないときは聞いてみるようにしてください。雑な対応をしてくるような会社は頼まない方が良いです。

外壁の塗装会社というと戸別営業ばかりしてくるというような感じが富田林市でもあります。広告ちらしを配ってくることもあるのですが、外壁の塗装をさせてもらいますといったようにとつぜんたずねてくるケースも増えつつあります。なぜ戸別営業をしてくるのでしょう。その理由は壁部分が外からむき出しだからです。業者のセールスは住宅地を歩いて、一つずつ壁をチェックしていって、外壁が古くなっている住居を選択して現れるというわけです。全ての家に訪問しているのではなく、外壁の塗装をすべきところを探して訪ねてくるのですが、時には、面倒な飛び込み営業をするような悪徳業者もあるので気をつける必要があります。